• トップ /
  • 建設物を売却してお金にする

建設売却でお金を作る

建設物を売却してお金にする

建設物を売って資金を作る

建設物を売却する場合、売主は物件の詳細を理解しておくことが大切です。信頼できる不動産業者に任せることも大切ですが、少しでも多くのお金を手に入れるには、物件の特徴や法律面の知識がなければなりません。まず、実際の物件と、その建設物の登記内容は違うことがよくあります。例えば土地の地積や、隣の家との境界が事実と異なる場合、登記情報のまま売却するとトラブルになります。従って事前に法務局と相談し、公図を取ると良いです。また登記をしないで増築を行っている場合も、建設物の現状と登記内容が違ってきます。そのため不動産業者は、解体してから売却することを勧めることが多いです。増築やリフォームの登録をし直すより、更地にして売る方が、手早く売れる可能性が高いです。その他、買い手が増築後の建設物を望んでいるのか、それとも買い手自身がリフォームしたいのかを、前もって知ることはできません。そのためリスク回避として、更地で売る方法を不動産業者は好みます。また解体をしないで、安いお金で売却するという方法もあります。いずれの場合でも、建設物を売ってお金にする場合は、不動産会社とよく相談の上で決めることが重要です。それには実績のある不動産会社を選ぶと失敗しません。

バックナンバー

建設の基礎情報

↑PAGE TOP