• トップ /
  • 相続税対策に今賃貸を建設

賃貸物件の購入資金

相続税対策に今賃貸を建設

アパート建設で土地評価は半分

相続税対策に賃貸アパートを建設して賃貸経営を始める人が続出しています。なぜなら、相続税を最大で半分に圧縮できるからです。簡単な仕組みですが、現金なら現金額満額に税率がかかり、預貯金や株などには課税時期の終値です。そして土地の場合、自分用の土地なら土地の評価額の8割なのに対し、賃貸住宅だと6割ほどになります。つまり、土地を相続する時、3000万なら通常2400万に対して相続税がかかるところ、賃貸住宅を建設すれば1800万に対して相続税がかかるのですが、さらに賃貸アパートを建設する際にかかるお金をローンで組むと、ローン額を控除できるのでさらに相続税を圧縮できます。もちろん、ローンを組んでも満室にならないリスクがあるかもしれませんが、現在は各金融機関が低金利の建設融資を金融商品として用意しており、また、家賃を保証する保証会社が多数あるので満室にならないリスクを回避できます。自分用の土地は持っているだけでも相続税のお金を現金で用意する必要があるだけでなく、毎年固定資産税がかかるので土地は基本的に活用することを国から求められているわけです。そのため、お金を稼ぐためではなく、土地を有効活用して相続税を減らしつつ、良い物件を提供して社会に貢献できるよう考えてみてください。

バックナンバー

建設の基礎情報

↑PAGE TOP