病院選びは費用と治療内容重視

病院の選び方は、規模や設備、交通の便以外に、費用の面も考える必要があります。病気を治すためには費用を惜しまないものですが、経済的に厳しければ医療そのものを受けることができません。保険診療は健康保険が適用される診療で、通常は自己負担額3割で、7割は国民健康保険や健康保険組合が負担します。高額療養費制度で上限を超えた費用は払い戻しが受けられます。自由診療では、健康保険が適用されず全額自己負担となります。大抵の場合、病院での治療は保険診療で全てまかなえることが多く、3割負担で受けることができます。その場合、費用はどこでも大きく変わりはありません。しかし、病気によっては自由診療の治療を望むこともあり、本来は7割を支払ってもらえる分まで自分で払うことになります。病院の選び方は、その地域で一番規模の大きなところであれば間違いないというわけではなく、どのような治療を行いたいかをよく考えることが大切です。国が認めていない医薬品を使ってみたいけれど、大きな病院の医師では難しいことがあり、そのような場合は自由診療で行ってくれるクリニックなどを選ぶ方が、患者や家族にとって本当に望む治療になります。その治療が支払える金額のものか、体調の面で通うことができるのか、医師の評判はどうか、治療効果など、総合的に判断するのが病院の良い選び方です。

↑PAGE TOP